研究所のフェイスブックページはこちら

●インクルーシブリサーチ

障害のある人をはじめ、これまで研究対象とされていた人たちが調査研究のプロセスに参加していくインクルーシブリサーチに取り組んでいます。

くらし・たすけあいフォーマット

くらしをパチリちょうさ〈今のくらしを見なおす/伝える〉

くらしをパチリちょうさ↑画像をクリックするとダウンロードできます
伝えたいことが、ことばでうまく伝えられないとき、写真をつかってみるのもいいですよ。このフォーマットを使って、写真をかつようしてみてください。



 

あなたの人生おしえてゲーム〈しょうらいのくらしを考える〉

あなたの人生おしえてゲーム
しょうらいのくらしを考えるために、いろんな人の話をきくためのゲームです。ゲームをとおして、くらし方や、生き方のイメージをふくらませてみるのはいかが?

↓ダウンロードしてお使いください。

カード(デザインA) カード(デザインB)

カードゲーム説明書 もしも自分だったらシート



 

「話しあいを開いてください」フォーマット〈困りごとを伝える〉

話しあいを開いてください↑画像をクリックするとダウンロードできます
こまりごとや、やりたいことがあるときに、その本人が話しあいを開く計画をするフォーマットです。このフォーマットを使って、本人がリードする話しあいを開いてみませんか。



 

勉強会を開くためのDVD「みんなならどうする?」〈みんなで考える〉

dvd
このDVDには、お金のことで困る場面の演劇が入っていて、「みんなならどうする?」と考えることができます。このDVDを使った勉強会を開きたい人は、ケアの文化研究所に連絡してください。

勉強会のチラシ



 

●インクルーシブリサーチ発

くらし・たすけあいフォーマット ~「しょうらいのくらし調査」報告書

くらし・たすけあいフォーマットは、「本人リサーチャーと開発するくらし・たすけあいフォーマット:将来の暮らしに関するインクルーシブ調査」(2018年度三菱財団社会福祉事業・研究助成)によって作成したものです。
この報告書では、フォーマットの目的や、使い方を説明しています。
冊子は当面、無料で郵送いたしますので、下記のケアの文化研究所宛に、ご希望冊数送付先の郵便番号とご住所連絡先(メールアドレスか電話番号)をお知らせください。
なお、ご連絡をいただいてから送付まで、1週間以上かかることがあります。
shorainokurashi



 

●インクルーシブリサーチの最新ニュースを、アプリで随時紹介しています。ご覧になりたい方は・・・
  ① スマホかタブレットで「GOOSEE」というアプリをダウンロードする。
  ② 「ID登録」のスペースにcarelabと入力して、「ID登録ボタン」をプッシュ。
  ③ 「お知らせ」ボタンからニュースを見ることができます。

合理的配慮について考える研修

インクルーシブリサーチをヒントに開発した「合理的配慮」について一緒に考える研修プログラムを開催しませんか。学校や団体、グループの要望に応じて、ワークショップ形式の研修プログラムを提供します。

▶ 詳細の内容はこちら


●ケアする人のケア

一般財団法人たんぽぽの家と連携してケアする人のケアのプロジェクトに取り組んでいます。

講師派遣や研修企画を承っています。

>Ex)「ケアする人を支える職場環境」
   「介護をめぐる悲嘆のケア」
   「障害者の親元からの自立」
   「エピソード記述」を用いた研修etc.

こちらの履歴も参照してください。


資料

参加のための調査活動―みんなが行きたくなるカフェってどんなカフェ?
   三菱財団社会福祉事業・研究助成 2016年9月発行

知的障害者の「親元からの自立」を実現する実践―エピソード記述で描き出す新しい枠組み
   ミネルヴァ書房 2015年9月刊行
   著者割引にてお分けしますのでご連絡ください。

・プロジェクト報告集:社会福祉教育・研究における「エピソード記述」の展開
  同志社大学社会福祉教育・研究支援センター 2016年2月発行

お問い合わせはこちら

ケアの文化研究所 carecarelab2018★gmail.com (★を@に変えてご連絡ください)
  主宰  森口弘美(天理大学人間学部准教授/一般財団法人たんぽぽの家理事)
  本人リサーチャー 中西正繁
  活動スタッフ  佐賀優里香、松田美紀